reinyanの投資・FX・副業ブログ

投資・副業で資産を増やすことを目指すブログ

下手くそエントリー例

今週末の金曜日は月足&週足確定日です。

 

こんなときに何を考えるか?というと、月足がどのようなポイント・形で確定するか?

ラインを抜けて確定か、抜けずに確定かによって翌月の動きにも影響を与えますので、その辺を考慮することも必要になりますかね。

 

現在のドル円の月足さん

f:id:reinyan-ko:20211025100354p:plain

直近のオレンジライン。

ここを抜けて確定するか?抜けられずに確定するか?

 

その辺が意識されるポイントになるかな?と。

 

抜けようとする意識が強ければ週末にかけて、再度上をプッシュしにくるでしょうし、すんなりレジとなるならば、もしかしたら短期は週末を待たずに下落に転換してくるかもしれないし。

 

そんなことを考えながら、どっちになるかはわからないけど。

 

「抜けようとする買い手」と「抜けさせないようにする売り手」との間で揉み合いが起こる可能性もあるんだな。っていうことを頭に入れてトレードしているといいかな。と思います。

 

揉み合うところで長期の優位性ってありませんからね。

 

そういうときは、短期的に優位性が発生したところをサクッともらっておく。っていう欲張らないくらいがいいかと。

 

抜けていけ!ではなく、直近高安で安全にもらっておこう。くらいな。

 

 

そんな感じで始まった今週ですが、日足&4H足押し目付近で先週の下落は止まっていました。

 

ならば、押し目付近で止まった=押し目になるのでしょうか???ということをまずは確認していく作業です。

 

せめて1H足の戻り売りポイントに達しない限り、売りは基本考えない。が、この日のスタート時にわたしが頑なに守るべきルールとして決めたこと。

 

日足&4H足の押し目に向かって、値幅も大してないのに売ったとしても、、、いいことは起こらないことのほうが多いw

 

長期目線として優位性が高い状況であれば違いますが、今はまだ上で見ていくところですからね。

 

4H足の押し目に向かって下抜けろ!!!と盛んにショートを売って負けまくった過去の経験があるので、痛い目に合うのはもう十分です(´・ω・`=)

 

わたしは、どんなに優位性が高くても4H足の押し目や戻り目を抜けていけ!!!というトレードはやらないと心に誓ったのです。(ホントかよw)

 

そういう学びを得ることができるのも、大きな時間軸というものをしっかり確認することで「何故、これだけ下がるような動きをしているのに直近安値を下抜けないのだろう?」という疑問に対する答えを見つけることができたからなんですよね。

 

目の前に大きな壁がある。そのような状況で、短期の流れだけ見てトレードしても負け組にしかなれないから。

 

 

話しを戻して、そんな感じで押し目になるかなーと待っていたところ、15M足で動きが、、、

赤矢印の下落です。

f:id:reinyan-ko:20211025103145p:plain

15M足1本でドカンと落ちたのですが、、、

 

黄色のラインに支えられてしまった?

 

レジがサポになったのか??

 

というのが根拠でロング。

 

なのですが、この日は朝からクレアールの講義で簿記3級の勉強していて、横目でチャートをちらちら見ていただけだから確認不十分でしてね(;・∀・)

 

焦って中途半端な位置でエントリーしてしまいました、、、

矢印でエントリー。

f:id:reinyan-ko:20211025103505p:plain

その後、最大7pipsの含み損に耐え、、、

ロスカットは15M足の黄色ラインを下抜けたら。なので、そこまでは耐えるのだよ。)

得られた利益は7.7pipsと、リスクリワードレシオが辛うじて1.1ってところ、、、

 

利確は直近高値です。

 

理由は、1H足の戻り目を上抜けていないので1H足は下目線だから。

ポイントごとに利確しておくほうが安全。

 

入ったポイントもビミョーな位置だったので、戻りに耐えてまで伸ばすような感じでもないな。と。

 

1H足の戻り売りポイントはまだ上にあるので、戻り売りポイントまで上昇してくる可能性。という見方もありますが、そこは強気で行くべきところでもありませんからね。

ロングで伸ばすのは下手くそなので、得意なことだけやればいいんです。(言い訳)

 

 

ブログ村ランキング参加してます♪ よろしければ応援クリックお願いします。

にほんブログ村 為替ブログ FX 女性投資家へ
にほんブログ村

 

※ご注意 このブログはFXの手法等を記載していますが、書いていることはすべて個人の相場観であり、収益の保証をするものではありません。FXはハイリスクな投機ですので、ご覧になる際はご自身の判断でお願い致します。

初心者の方はまずは小額からトレードして徐々に経験を積んでいくことをおススメします。 100通貨や1000通貨からトレードできる業者もありますよ。

外国為替証拠金取引

LINEFX0714

今が順張りなのか?逆張りなのか?

今の相場が順張りなのか?逆張りなのか?それは「何」に対しての順張り、逆張りって理解してトレードしていますか?

 

順張り、逆張りってこういうことですよね?

順張り 逆張り

上昇トレンドにおいては赤が順張り、緑が逆張り

 

一つの時間軸だけで見ればわかりやすいです。

が、複数の時間軸を見てみると、すべての時間軸が同じ方向を向いていることの方が少ないです。

 

 

例えば、昨日の記事では日足は上目線、4H足は下目線の状況である。と書きました。

 

reinyan-ko.com

 

そうすると、日足に対しての順張りはロング、4H足に対しての順張りはショートということになります。

 

上の図でもわかる通り、順張りのほうが伸びるのでトレードはしやすいです。

 

が、見る時間軸によって順張りの方向が異なる場合。迷いますよね。

 

基本的には大きいほうの時間軸に沿った順張りを行うほうが優位性は高いと言えますが、それもケースバイケース。

 

必要なのは、自分はどの時間軸に対して順張り・逆張りをしようとしているのか?

それをわかった上で戦略を立ててトレードすることでしょうね。

 

 

例えば、昨日の記事のわたしのトレードですと、4H足以下の時間軸に対しては順張りなんですね。

 

でも、日足以上の大きい時間軸に対しては逆張りだった。

 

であるならば。

 

まず、日足の押し目というのはどこなのか?

 

大きい時間軸の場合は押し目と言ってもラインよりもゾーンのように広い範囲で見ておく必要があるので、その点にも注意しながら深追いしない。

 

きちんと自分の中でルールが明確になっていればOKかと。

 

自分で決めつけないことですね。

 

すべては、膨大な数の検証と経験からトレードのシナリオを組み立てる。

 

結局は検証と経験なんですよね。

 

 

だから、高額の商材を買ってお勉強をしただけでは勝てるようにはならない。

 

うん、、、わたしも、10年ほど前にとあるブロガーさんの4万くらいの商材買ったけどw

勝てるようになったのは、商材よりもその人のブログやその人の手法で勉強する人たちが集まったSNSで勉強したおかげでした。

商材は、、、申し訳ないけど紙くずだったなw 

 

商材ってビミョーなんですよね。基本を知るということはできるのか?と思うが、それらは今はネット上にいくらでも転がってるし。

 

結局は、生きたチャートから学ばなければ勝てるようにはならない。

 

毎日、問われることが異なるからね。

 

パターンと言っても、まったく同じものは存在しないので、V字なども形がイビツだったり未完成だったりと、似ているようですべて違う。

 

日々学んでいくしかない。

 

多くの検証とトレードの経験が財産になるんですね。

 

 

ちなみに、わたしの場合はその商材を買った人たちだけがSNSに招待して貰えて、そこでみんなでアレやコレやと毎日勉強したことがとても大きなものになったから、そういうきっかけとなった。という意味では4万円の投資は無駄ではなかったと思うけど。

 

楽しかったしね。みんなで一緒に勉強することで一人で悩まずにいろんな人の意見とか考えを参考にすることもできたから。

 

プロのスポーツ選手が必ずしも指導がうまいとは限らないのと同じで、稼げるトレーダーが教えるのもうまいとは限らない。

 

だから、手法自体は使えても商材は役に立たない。ってのはありえーるなので注意ですね(;・∀・)

 

 

最後はずいぶん話がズレちゃったなw

 

 

ブログ村ランキング参加してます♪ よろしければ応援クリックお願いします。

にほんブログ村 為替ブログ FX 女性投資家へ
にほんブログ村

 

外国為替証拠金取引

LINEFX0714

 

エントリーポイントって知りたいですか?

本日の朝の1本目のトレード。とか、たまには載せてみる。

 

エントリーポイントとか気になる人っているのかな?みたいな。

 

ドル円です。

ドル円トレード

13.1pips

エントリーは矢印から、利確は一番下のオレンジラインです。

利確の瞬間を取り損ねたので、画像は少し戻っちゃったところですけど。

 

この後、すぐに上昇して行ってエントリーポイントまでV字回復しましたから、利確判断は正解でしたかね。

 

まだ伸びるかも?というように見ていたら粘るんですけど、そういう状況でもないのでタッチで利確です。

 

エントリーポイントってのはどうでもいいんですけどねw

そんなのだけ知ってもね。何でそこでショートの判断したんですか?っていうところがわからないと意味ないからね。

今の相場だとロングを狙うのも間違ってないし。

 

どの足で入るか?とかってのは、ロスカットをどこまで許容するか?とかでも変わってくるので。

 

 

下の画像は4H足。

20日からじわじわ下がってきていて、緑の押し目も下抜けてしまったわけなので、定義に沿ってみれば4H的には目線を下に切り替えていいのですが、、、

水色四角の部分。

気になるんですよね。

めっちゃ気になるぅ(*-`∀-)ψヶヶヶ... 

 

 

何で気になるか?って???

 

 

だって、日足の押し目だからw(日足チャートは各自確認してください。)

 

この水色四角のところで3日くらいモミモミしたのちに、数十ピプス上がっていった起点です。

 

 

で、4H足は下目線。それに対して日足は上目線。という構図になってしまっているので、上のオレンジラインからの下落と下の水色四角からの上昇の間で挟まれる可能性がある。

 

ということを考える。そうすると、伸ばそうとするよりもポイントポイントで利確したほうが安全。という判断。

 

トレードがうまくいかない人は、伸ばせる相場なのか?伸ばせない相場なのか?の判断ができていないのも要因なのかな?と思う。

 

トレンド相場に適した手法、レンジ相場に適した手法ってのもありますからね。

 

わたしの手法はトレンドフォローですが、レンジ相場でも通用するんですよね。

なぜならば、レンジの上下を行ったり来たりしている間の部分でトレンドフォローするからね(´・ω・`=)

大きな時間軸を見ることで、どこまでは伸ばせるのか?どこが壁になるのか?ということがわかるから。

 

 

エントリー理由に関してもう少し補足しようかな、、、

15M足。

緑の下落に対しての戻り売りなのですが、下が日足押し目に突き刺さっていっているような状況ですので、直近安値よりも安値を切り上げたところで止まってしまう可能性は十分考慮。

そのポイントとしてオレンジラインが怪しいな、、、と思っていた。

 

そして、戻り売りって言ってもどこがポイントになるか?ってのを的確に当てるって難しいです。

 

ましてや、日足押し目に対する逆張りですから、本来やるべきではないトレードとも言えるw

 

そんな中で、水色矢印で反応を示しました。

 

でも、緑の下落の起点ってまだまだ上ですからポイントとしては浅い。

それに、もしかしたらここが日足の押し目かも?となると、戻り売り何ぞ入らずに上昇に転じてくる可能性もある。

 

なので、どうなるかなー。って待っていると。

 

水色矢印よりも一段下げたんですね。ピンクラインです。

 

ここで止められるということは、一段下がってサポがレジになった?のか???

 

だったら、ここは一旦戻り売り入るかも?ってことでエントリーに至ったわけです。

 

戻り売りポイントだからって上から売る必要ってないんですよね。

今回みたいに、一段下がったことを確認してからで十分。

 

押し目や戻り目からいきなりエイヤーってエントリーしなくても確認してからでいいんです。

 

分かるようになるまで待つ。

 

待つのは大事。

 

焦らなーい、焦らない。

 

そして、ブログ書いている間に上がっていってるぜーw

まぁ、見ていたとしてもわたしはちょっと苦手なパターンだから、入れなかったかな。

 

 

ブログ村ランキング参加してます♪ よろしければ応援クリックお願いします。

にほんブログ村 為替ブログ FX 女性投資家へ
にほんブログ村

 

※ご注意 このブログはFXの手法等を記載していますが、書いていることはすべて個人の相場観であり、収益の保証をするものではありません。FXはハイリスクな投機ですので、ご覧になる際はご自身の判断でお願い致します。

初心者の方はまずは小額からトレードして徐々に経験を積んでいくことをおススメします。 100通貨や1000通貨からトレードできる業者もありますよ。

外国為替証拠金取引

LINEFX0714

 

 

 

つみたてNISA。コロナショックでも動じなかった理由。

チャート

つみたてNISAを始めてから早?2年。

ネットニュースなどでも言われていますが、つみたてNISA開始当初から買っている人たちはどの銘柄を買ってもプラス利益となっている。

というように、ずっと上げ続けている。というのが現状。

 

昨年のコロナショックでガツンと一時的に下がりましたが、このときってわたし、まだ満額積み立てにしてなかったんですね。

 

初めてから半年くらいは月数千円積み立てて放置していたので、ハッキリ言ってよくわかっていませんでしたからwww

 

とりあえず、インデックス投資は売らずにずっとドルコスト平均法で買い続けていればいいんだ。くらいのもん。

 

でも、昨年のコロナショックのときに数ヶ月ぶりに証券会社の口座を覗いて確認してみたら、あらまぁ、、、ガツンと下がっているじゃーあーりませんか。

 

さて、ここで問題です(*´・ω・)b

 

このときに、わたしが思ったことは次の3つのうちどれでしょう。

 

①「うっわー、含み益マイナスになってるじゃん(;・∀・)ヤバくない?売ったほうがいいの?」

 

②「え?ナニコレ?何が起きたの?わけわからない、、、」(思考停止で何も考えられない状態w)

 

③「おぉぉーーー、下がってる。安いところから買うチャンスじゃん!」

 

 

さぁ、どれだかわかりますか?

 

答えは、、、

 

 

 

 

 

 

③ですw

 

 

もうね、チャンス!って思ったもんね。

 

もっと下がっていいよ。しばらく下がったままでいいよ。と。

 

なので、すぐに積み立て額の増額をしたのですが、、、

 

楽天証券の場合、クレカ積み立ては毎月12日までの変更が翌月1日の積み立てに反映されるようになっているので、12日を過ぎてしまったら反映されるのは翌々月の積み立てから。と、タイムラグが結構生じてしまうんですよね、、、

 

ですから、変更が反映されたころにはすでに上がってしまっていましたね(;・∀・)

 

V字回復早かったですからね。S&P500は半年くらいで元値まで戻っちゃいましたから。

もうちょっと底値でうろついてくれていてよかったのに。

 

ということで、安いところからの買い増しは大した金額は積めず。

 

なので、また暴落起きてくれないかなー。って思っているのですがw

 

理想は、つみたてNISAが満了するまで、今後10年くらいの間に暴落が起きて、つみたて満了する20年後くらいには堅調に上がっている。という状況ですよねー。

 

まぁ、そんなにうまくはいかないと思いますが(;・∀・)

 

もしも、取り崩す段階で暴落が起きてしまったら。という対策は考えておかないといけないな。と思います。

 

 

ところで、つみたてNISAに関してほとんど知識がなかったわたしでも③の判断をできた理由ですが。

 

それは、「FXの経験」に尽きると思います。

 

FXは為替ですから、値動きはやや異なりますが、為替はむしろもっと値動きが激しいので、ちょっとやそっと下がったくらいではそもそも動じない神経が出来上がっているというのはありますが。

 

10年、為替を見続けてきて、下がり続ける相場はない。ということを実体験で経験した経験値があるから。でしょうね。

 

明けない夜はない。みたいなw

 

為替は上げ下げ大きいですが、株の場合は基本的に上昇傾向ですからね。

 

下落が続くということは、世界の経済が悪くなり続けるということですから。

 

一時的に経済が悪くなって暴落とか起きても、人間は逆境から這い上がっていく強さを持っている生き物ですから。

 

また、這い上がってきますよ。きっと。

 

わたしは、人類の逞しさに投資しますw

 

 

だから、暴落とか起きても長期投資をしていればそんなに悲観的になる必要はないかな?と。

これが、個別株だとヤバいですけど、、、企業そのものがなくなってしまったら終わりだし、、、

でも、インデックス投資は数十、数百の企業に分散投資しているわけですから、どっかがダメになっても他が支えてくれます。

 

そんな風に、昨年のコロナショックのときに思ったことというのは、投資に必要なのは知識や情報だけではなく、経験も大事だと実感した。というお話。

 

小額からでも投資をすることで経験を得ることはできるので、小額投資もまったく意味がないとは言い切れない。というか、初心者はまずは小額から始めましょう。って思う。

 

 

楽天証券投資信託楽天カードで積み立て可能。積立額に応じてポイントもゲットできます。

 

 

背景と短期、転換はどこまで波及するか?

ドル円さん。昨日は一日中揉み合っており、明けた本日もまだ揉んでおります(´・ω・`=)

 

何でこんなに揉み合うの?ここって何なの?って知りたいならば、チャートの左側を見てみよー。

 

このようなところです。(ドル円月足)

ドル円月足

 

ハイ。直近高値ですね。

ということは、ここは利確組が出たり、売りが入ってくる可能性のあるポイント。

直近高値というのは利確ポイントであり、利確組が出れば買いの圧力が弱まることからそこに乗じて売り手が参入してくる可能性がある。ということです。

 

だからといって、じゃあ、売りなの?というと、そう簡単ではありません。

 

ここまで上がってきた(緑矢印)。という事実がありますからね。

この買い手さんたちはどこを目標としているのか?

直近高値だったのか?それとも、そこを打破してさらに上っていきたいのか???

 

さらに上を目標値としているとしたら、、、一旦は利確組が出たとしても再度上昇を目論んでくるであろう(・∀・)ニヤニヤ

 

って感じですよね。

 

そこまで大局的に見ていないとしても、直近がずっと上がり続けているわけですからその短期の流れに沿って押し目買いをしてくる人たちもいるでしょう。

 

ということで、すっごい揉み合っちゃいましたけどねw

 

仮に、ここから売りに転換していく流れになると仮定した場合、どのような動きを想定するといいのか?

 

イメージできていましたか???

 

できないとしたら、ちょっと検証不足。それで転換するんじゃん?って売っても負けまくるだけになってしまいますね。

 

ここでも、複数時間軸が利用できます。

 

買い相場だったものが、売り相場に転換していくときは、まずは小さな時間軸から転じていき、それが大きな時間軸に波及することで転換が成功します。

 

まずは、1M足の上昇トレンドが崩れて売りに転じる、、、5M足の押し目に到達してそっから買いが入るが上がらず、、、あぁ、押し目下抜けちゃった、、、と売りに転じる、、、

15M足の押し目に到達すると、、、 、、、1H足の、、、 、、、というように、最初は小さな時間軸から大きな時間軸へと波及していき、最終的にすべての時間軸が売りに転じて転換が成功する。

 

というようなイメージです。

 

今回は↓の1H足の緑丸ポイントが固いようですね。

ペナント

どっちにも行けずにペナントになってきてしまいましたな(;・∀・)

 

厳密に高値を更新した安値というと、上のピンク丸が押し目か?って感じですが、意識されやすいのは緑丸のほうでしょう。

高値を更新した安値を下抜けると原則的にそのトレンドは崩れた。と判断できるわけですが、トレードは人間が行うものなので押し目としてちょっと微妙?ここって押し目と判断して良いのかな?

 

みたいに、ちょっと判断しにくいときというのもあったりするんですよね。

そうすると、もっとハッキリとわかりやすいポイントがあったらそっちのほうが意識されることもあるかな?と。

複数時間軸も、ここは15M足のポイント?1H足でもポイントとして見れるかな???

みたいに、ちょっと曖昧なときもありますし。

 

そんな曖昧なものを曖昧に判断してトレードしてしまうと、負けてしまったりするので、自分なりの基準・考えというものはしっかりと持っておくことが必要です。

 

自分の基準や考えがしっかりしていれば、それで例え一回負けてしまっても納得できますからね。

そこで、カッとなって下がらないなら上か!また負けた、、、じゃあやっぱり下なのか!!!って往復ビンタトレードをしてしまうのは、そもそも自分の判断が曖昧が故。

 

結局、相場がどう動くかは誰にも分からない。

 

分からない中でも、自分が納得できる判断基準・ルールをしっかりと持てれば勝ち続けることは可能です。

 

勝とうとするよりも、無駄な負けをどれだけ減らせるか?ということを重視して自分なりのルールをつくるほうがいいかな?と思います。

勝つために攻めるようなトレードはわたしら素人には必要ないです。

 

さて、本日のチャートのほうに話を戻すと。

現在のようにモミモミ上にも下にも行けない状態になってしまっている以上、どっちに抜けるかはわかりません(*-`∀-)ψヶヶヶ... 

 

わからないけど、抜けるときに起こるようなパターンというのはあったりします。

 

キレイに上のポイントから下のポイントへレンジのような動きをしているときは、その流れを捻じ曲げて下のポイントまでとどかずに真ん中くらいのサポートからぐにゃっと捻じ曲げて上に上昇していくとか、、、

 

上値まで上がっていく力もなく底辺でごにょごにょしたあとにダラーンとホースから水が垂れ流れていくように落ちていくとか、、、

 

一旦、ペナントはぶち抜いたけどレジサポ、サポレジで阻まれて急転換、、、とか、、、

 

いろんな可能性はある。

 

別に、抜けるところを狙う必要はないんですけどねw

 

抜けてからまた押し目や戻り目から乗っていけばいいわけで。

 

わかりにくいところでわざわざトレードしなくても、自分がわかる形になったところでトレードすればよいのです。

 

わかるようになるまで「待つ」というのもトレーダーの大事なお仕事です(´・ω・`=)

 

ブログ村ランキング参加してます♪ よろしければ応援クリックお願いします。

にほんブログ村 為替ブログ FX 女性投資家へ
にほんブログ村

 

※ご注意 このブログはFXの手法等を記載していますが、書いていることはすべて個人の相場観であり、収益の保証をするものではありません。FXはハイリスクな投機ですので、ご覧になる際はご自身の判断でお願い致します。

初心者の方はまずは小額からトレードして徐々に経験を積んでいくことをおススメします。 100通貨や1000通貨からトレードできる業者もありますよ。

外国為替証拠金取引

LINEFX0714

つみたてNISAは堅調

日本株がうんちゃら、、、岸田ショックがなんちゃら、、、っていうのをSNSで最近よく見かけますが。

日本株を持っていないわたしは特に影響を感じず。

つみたてNISAも日本は入れていないですしね。

 

そのつみたてNISAのほうは堅調なもので(´・ω・`=)

つみたてNISA

米国株が上がっているんですかね。

 

わたしのまだまだ小額の米国株高配当ETFも上昇していますし。

f:id:reinyan-ko:20211016070004p:plain

こちらはインカム目的なので配当金が入れば上がろうが下がろうがあまり関係ありませんがね。

HDVやSPYDってキャピタルゲインも狙えるような商品なのでしょうか?

え?知らんのかって?

 

だって、一生配当金を貰い続ける予定なので売るつもりないですからね(;・∀・)

 

今後は、退職金と年金で悠々自適生活~~~。

なーんて時代ではなくなっていくのでしょうから、資産形成は重要になりますよね。

すでにアラフォーのわたしですが、もっと若いうちからやっておけばよかった。と思います。

投資は早いうちからやるに限る!絶対!

だって、100万円を年利5%で30年運用したら432万円になるんですからね(;・∀・)

4倍っすよ。。。

投資信託にぶっこんで置いておくだけでいいんだからね。

まさに、お金に働いてもらう。ってこういうことか。

 

 

ブログ村ランキング参加してます♪ よろしければ応援クリックお願いします。

にほんブログ村 為替ブログ FX 女性投資家へ
にほんブログ村

 

楽天証券での投資信託楽天カード払いがおススメです♪

 

ラインには引き方がある。

ひたすら上げ続けるドル円様(;・∀・)

 

こういう状況になったときに短期のチャートしか見ていない人は何故、相場が上げ続けているのか?どこまで上げ続けるのか?

 

サッパリわけわかめだと思います。

 

それを知るには相場の背景を知る必要があります。

 

背景というのは、ここに至るまで相場がどのような経緯を辿ってきたか?歴史みたいなもんですね。

以下はドル円月足。

ブレイクしちゃってますからね、、、そりゃ、上がるわなw

 

ちなみに、オレンジのチャネルは、下のほうを引いてから上に平行移動させています。

トレンドラインとしての使い方ではないので下から引いてます。。。

 

ラインも引き方があって、トレンドラインは高値更新した安値 or 安値更新した高値同士を結ぶのが基本の引き方です。

 

ちなみに、トレンドラインで高値更新できていない安値を結んじゃってたりと、結構、間違って引いている人もいるので注意です。

別の使い方として引いているなら問題ありませんけどね。

 

例えば、下みたいに何か安値切り上げてるから、、、ってオレンジラインを引いてみたけど、、、

トレンドライン間違い例

緑四角のところ。高値更新できていませんからね。

これは、トレンドラインではありません(´・ω・`=)

 

 

というかね、、、

今、チャネルラインでググったら、思いっきりトレンドラインの引き方間違っている人がチャネル抜けのダマしに関して解説しているものが見つかってビビったwww

 

すごい、、、まさに間違え例のお手本みたいなの、、、

ここに上げるとアレなので控えますがね。

 

ちゃんとラインを引いてみるとね、、、

ナント、これが、チャネルブレイクなどしておらず、キレイにチャネルに反応しているんですけどね(*-`∀-)ψヶヶヶ... 

残念過ぎるwちゃんと引けばラインは機能しているのに(;・∀・)

 

細かく読んでみると他にもツッコミどころがあるので、たぶん、トレーダーじゃないんだろうな。

情報をかき集めて記事を書いただけなのかも。

 

怖いですねぇ、、、間違った情報には気を付けましょう。

 

ダマしと言って思い出しましたが、例えば上昇トレンドラインを下抜けしてブレイクしたのに、再度上昇してくるパターンってあると思います。

 

これをみなさんダマしと呼んでいらっしゃいますが、大体、見抜けますよね。これ。

 

下のオレンジのトレンドラインを見て下さいませ。

トレンドラインブレイク

トレンドラインを下抜けましたが、その後再上昇しています。

 

さて、再上昇に転じたところの左側に何がありますかね?

押し目です。

普通にここは押し目ですから、トレンドラインが下抜けたとしてもここは押し目として機能する可能性のあるところ。

ですので、再上昇していっても何ら不思議はありません。

 

基本的に、ナナメのラインよりも縦軸の水平線のほうが強いので、一番重視して見るべきは縦軸の「値」ですからね。

 

せっかくですから、トレンドラインの引き直しもやってみましょう。

上の画像。オレンジラインを下抜けたことでオレンジのトレンドラインに沿ったトレンドは一旦終了しました。

 

ですが、緑ラインから再上昇した動きは再度、高値更新しています。

ということで、ここでトレンドラインを引き直すことができます。

トレンドライン引き直し

緑のトレンドラインですね。

 

このように、トレンドラインって結構引き直しが必要になることがあります。

今回の場合は、波のサイズが大きくなったことでこのような引き直しが必要になったんですけどね。

 

波のサイズが変わるというのは、下の画像の水色の波から黄緑の大きな波に波及していった。ということです。

波の波及

ちょっとラインがごちゃごちゃしちゃってるので、見にくかったらスミマセン((((;´・ω・`)))ガクガクブルブル

 

これはですね。

水色の波は15M足の波だったのですが、そこから1H足の大きな波に波及していったんですよ。

その1H足の波が黄緑というわけです。

 

こういう風に波のサイズが変わるときというのは、トレンドラインをブレイクしたのに再度上昇していった、、、みたいなダマしと呼ばれるような動きをすることが多々ありますので、ワンサイズ大きい時間軸のポイントなどはしっかりとチェックしておく必要があります。

 

ナナメのラインっていうのは状況に合わせて変化していくものですから、水平線のほうが優先度は高いということは覚えておくといいですよ♪

 

 

ブログ村ランキング参加してます♪ よろしければ応援クリックお願いします。

にほんブログ村 為替ブログ FX 女性投資家へ
にほんブログ村

 

※ご注意 このブログはFXの手法等を記載していますが、書いていることはすべて個人の相場観であり、収益の保証をするものではありません。FXはハイリスクな投機ですので、ご覧になる際はご自身の判断でお願い致します。

初心者の方はまずは小額からトレードして徐々に経験を積んでいくことをおススメします。 100通貨や1000通貨からトレードできる業者もありますよ。

外国為替証拠金取引

LINEFX0714